トラックボールDigio2q徹底レビュー!M570tと比較で見えて来たこと

スポンサーリンク
エゴスケ
サブで使おうと思って買ったワイヤレストラックボール『Digio2Q』が結構いい感じだったのでレビュー

“Digio2Q”を買うまで僕が使っていたワイヤレストラックボールはロジクール社の”M570t”でした。
“M570t”は親指操作型トラックボールの1番人気の商品です。

この記事では“M570t”と”Digio2Q”を比べつつレビューしていきます。

トラックボール”Digio2Q”のスペックと機能

本体寸法 W88×D95×H47mm
質量(電池込み) 105g(129g)
対応OS Windows10,8.1,8,7,Vistaと、Mac OS X
その他 5ボタン,静音,コンパクトタイプ

電池は単4電池が2個必要ですが付属しているので別で購入する必要はありません。

ペアリングはボタンを長押しするだけなので簡単でした。

最大の特徴はレシーバーが必要ない点

ひよ子
ん?レシーバーって何?
エゴスケ
こんな感じのUSBに接続する小さい奴で、BluetoothがついてないPCもお手軽にワイヤレスができる。

レシーバー有りがいいか、無しがいいかは人によって好みがありますが、最近僕はレシーバー無し派になりました。
理由は、USB-Cタイプが普及してきたからです。

ロジクールのUnifyingレシーバーがひとつで複数台の機器に接続できて便利で、USB-Cタイプの発売を待ち望んでいたのですが全然発売されず…
アダプタ付ければ使えるけど…

ひよ子
だ…ダサい
最近のPCはBluetooth内臓されているものがほとんどだから、レシーバー必要ないという考えになりました。
エゴスケ
ちなみに「レシーバー有りがいい」,「有線接続がいい」という人も3タイプから選べるから大丈夫!
そう”Digio2Q”ならね。

間違えないようによく確認してから購入しましょう!

“Digio2Q”を1ヶ月間使ってみた感想

“Digio2Q”を細かくレビューしていきます。

ポインタはスムーズな操作が可能


個人的に一番心配だったのが、ボール部分の操作がしやすいか?という点。
ボールの転がりやすさ、摩擦具合は”M570t”とほぼ同じで違和感なくポインタを任意の場所に移動できます。
ボールの大きさも入れ替えが可能なので同じだと思います。

ポインタがうまく動かせない場合は『おまかせ速度調整』をオフにすると使いやすくなります。

ちなみに僕は常にオフにして使ってます。

ボタンのクリック感は少ないが慣れる


静音タイプなのでクリック感が弱い。左右のクリックボタンは問題ないですが戻る,進むボタンがふにゃふにゃしてる。
ホイールはカタカタしないフリーに回るタイプでチルトホイール機能はありません。
ボタンは全てクリック音がしないので場所を気にせず使えてGOOD。

“Digio2Q”と”M570t”の比較

ここからは”Digio2Q”と”M570t”を比べていきます。

“Digio2Q”と”M570t”の大きさ


横に並べるとこんな感じ。上の画像だと影で”Digio2Q”が少し大きく見えてしまっているが、実際に見ると”M570t”の方が1.5倍くらい大きい印象です。
“Digio2Q”は世界最小クラスを謳っているだけあってコンパクト。

“Digio2Q”と”M570t”のホールド感の違い

結論から言うと”M570t”の方が握りやすいし、疲れにくいです。
言葉で説明するより画像を見ていただいた方が早いと思います。”M570t”の場合。

対して”Digio2Q”の場合はと言うと…

この違いは本体の大きさが理由です。

携帯性と大きさはトレードオフの関係なのでどっちをとるかで悩むところです。

結局”Digio2Q”と”M570t”はどっちがいいの?

ひよ子
で、どっち買えばいいの?
エゴスケ
持ち運ぶ予定がなく、ひとつのPCでしか使わないなら”M570t”一択
ひよ子
なら、ノートパソコン用だったり、二つ以上のPCで使うなら”Digio2Q”ってこと?
エゴスケ
うん。ノートPCはUSBポートが少ないし、複数のPCで使うならレシーバーの抜き差しが面倒だからね!

今回紹介した商品はこちら!

以上。モバイラーでトラックボーラー待望のレシーバー無しBluetoothトラックボール”Digio2Q”のレビューでした。

スポンサーリンク

みんなにシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。