【レビュー】BenQのゲーミングオーディオシステムZOWIE VITALは簡単にサウンド設定可能

ずっと気になっていたZOWIE VITALをBenQアンバサダーの製品モニターで借りることができましたのでレビューしていきます

エゴスケ

ZOWIEとは、モニターやプロジェクターで有名なBenQのゲーミングブランドです。そのZOWIEのオーディオシステムが発売すると聴いて去年から気になっていました。

ゲームをする上でオーディオシステムは映像を映し出すモニターと並んでゲームプレイに直結します。オーディオは迫力や臨場感などゲームの世界に入り込むための橋渡しとなります。

前置きはこの辺にしてレビューに移ります。

ZOWIE VITALのスペック仕様


開封して入っていたものを並べました。付属品は

  1. ZOWIE VITAL 本体
  2. USBケーブル(Type B)
  3. 収納ポーチ
  4. 説明書類

本体の大きさは手のひらサイズでコンパクトです。

定規でサイズを測ってみると、縦101mm×横64mm×高さ21mmでした。


【主な特長】

  • 直観的なタッチパネルでサウンド調整
  • タッチパネルでBass(低音)/Treble(高音)/Vocal(ボーカル)調整
  • ドライバ不要、プラグ&プレイ
  • MICとヘッドセットの高性能を実現
  • スピーカー/ヘッドセット出力への切替が容易

手前側の側面はオーディオミニ(ヘッドホン・イヤホン用)とマイクジャックがあります。

後ろの側面はUSBとオーディオミニ(スピーカー用)シャックがあります。

起動時のアニメーション


PC接続した起動時のアニメーションはゲームスタート感がよくでている。

実際に使ってみた感想

友達とゲームをしながらスカイプで通話して2時間ほど使用してみました。

ゲーム音声にノイズがのることもなく、友達が聞く私のボイス音声も割れていたり、ノイズがのることもなく問題なく快適にプレイできました。

手元にあるZOWIE VITALでマイクやゲームのボリュームが変えられるため、通話相手に「そっちの声が小さくて聞き取りにくい」と言われても、サッと対応できるのがとても楽でした。

ドライバのインストールが必要なくWindowsだけでなくMacでも使えました!

サウンド設定を簡単に変えられる


このサウンド設定をタッチパネルで直感的に変更することができるのがZOWIE VITAL最大の特徴です。

遊ぶゲームソフト毎に自分の耳で聴いて低音と高音の調整をして、自分が好きなサウンドに設定できます。これによってゲームだけでなく、映画を見る時、音楽を聞く時等、様々なシチュエーションで最適なサウンド設定に変更可能です。

なにより自分の所有しているヘッドセットに合わせてサウンド設定を調整できるので汎用性がかなり高いです。

サウンド設定が決まったらロックボタンを押せば意図せず触れて設定が変わるということを防ぐこともできます。

スピーカーとヘッドセットの変更が楽

このスピーカーとヘッドセットの切り替え機能が非常に便利です。いちいちスピーカーとヘッドセットのプラグを抜き差しする必要がなくなるのは想像以上に捗ります。

まとめ

『ZOWIE VITAL』はオーディオの知識がない人でもタッチパネルで直感的で簡単に最適なサウンド設定ができる

エゴスケ