平凡大学生の貯金と散財と趣味ブログ

【おすすめラノベ】ファンタジーモノの面白いライトノベル10選

アニメ化していないラノベをできるだけ選びました!

エゴスケ

ファンタジーモノのラノベといっても多すぎるので、ジャンル別に紹介します。

評価()はあくまで僕の主観ですので、あまり気にせず好きなラノベを読んでください。

異世界転生モノ

主人公が異世界に転生または召喚されたラノベをまとめました。

無職転生 異世界行ったら本気だす

評価

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。『小説家になろう』より引用

小説家になろうで人気だった作品がラノベとして書籍化された。タイトルで敬遠してたけど、読んだらハマった。
戦闘シーンは手に汗握るといった感じで、主人公の成長が読んでいて楽しいラノベ。

転生したらスライムだった件

評価

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。『小説家になろう』より引用

これも小説家になろう作品で、タイトルで損しているシリーズ。
スライムとか最弱モンスターだろ!と思っているアナタ!このスライムめちゃくちゃ強いんです。
ラノベになって変わっているところも多いから、ラノベ版がおすすめです。

Re:ゼロから始める異世界生活

評価

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された引きこもり高校生の少年ナツキ・スバルは、早々と命の危機に見舞われる。その窮地を救ってくれた、ネコ型精霊パックをお供につれたハーフエルフの銀髪美少女エミリアに恩返しをするため、スバルは彼女の物探しに協力する。
フェルトという名の少女に奪われたという徽章の手がかりが掴めたと思った矢先、2人は暗闇の中で何者かに襲撃され命を落としてしまう。
目を覚ましたスバルは、なぜか召喚された時点に戻っていた。それから何度かの死を繰り返すうち、スバルは自分がこの世界である能力を得たことを知る。その能力は、自身の死により時間を巻き戻して記憶を引き継げる、タイムリープ能力「死に戻り」だったのだ。『ウィキペディア』より引用

小説家になろう繋がりで、もうひとつ。アニメ化されて大人気だったからラノベ版が気になっているという人は多いだろう。
ラノベ版は絶望も感動もマシマシだ!なによりアニメの最終回のあとのストーリーから過去の話や、魔女の謎などもっと面白くなってくる。
なにより不遇だったラムが活躍するので読んで欲しい。

異世界迷宮の最深部を目指そう

評価

最高の素質(ステータス)を持つ少年が攻略するのは、異世界迷宮の最深部――!

「絶対におまえを助ける。そのためなら、僕は――!!」
見覚えのない回廊で目覚めた相川渦波(アイカワ・カナミ)は、魔物から受けた傷をラスティアラという美少女に治療してもらい、ここが非常にゲーム的な異世界であることを知る。
カナミは優遇されたステータスやスキルを武器に、美少女剣士のディアと『どんな望みでも叶う』と噂される迷宮の最深部に向けて突き進んでいく――。
これは少年が迷宮の最深部(しんじつ)を暴き、願いを叶える物語。『Amazon』より引用

チート能力を持っているから俺つええぇ!系かと思ったら主人公の成長を感じられるストーリー。
設定だけみたらよくある王道ファンタジーなんだけど、引き込まれる。主人公がいつも勝つようなストーリーではなく、負けて悩んだりもするから先が読めなくて面白い。

ノーゲーム・ノーライフ

評価

ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。世界を「クソゲー」と呼ぶ二人は、ある日“神”を名乗る少年に異世界へ召喚される。そこは神により戦争が禁じられ、全てがゲームで決まる世界だった――そう、国境線さえも。二人のダメ人間は、異世界で人類の救世主となりえるのか?『Amazon』より引用

アニメ化、映画化もされている。僕が信者になるくらい好きなラノベ。
エルフやドワーフといった知性ある16の種族の中で人類は最弱。魔法は使えず魔法の探知もできず、肉体も最弱レベルでゲームをして勝たなきゃいけない。
未来予知に匹敵する戦略と頭脳をもった主人公兄妹の世界征服ストーリー。設定だけでも超面白いラノベ。

戦記ファンタジーモノ

戦記ファンタジーモノといったら、戦略を使った頭脳戦、心理戦がアツいです。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

評価

隣接するキオカ共和国と戦争状態にある大国、カトヴァーナ帝国。 その一角に、とある事情で、嫌々高等士官試験を受験しようとしている、1人の少年がいた。 彼の名はイクタ。 戦争嫌いで怠け者で女好き。 そんなイクタが、のちに名将とまで呼ばれる軍人になろうとは、誰も予想していなかった……。 戦乱渦巻く世界を、卓越した才で生き抜くイクタ。 その波瀾万丈の半生を描く、壮大なファンタジー戦記、開幕!『comicWalker』より引用

「全ての英雄は過労で死ぬ」と言い切る怠け者の主人公。まさにやる時はやるといった性格で、全然読んでいてイライラしない。
ヒロインのヤトリとの絆がすごく感動させられる。ヤトリのためなら生き方を変えてでも守る男気あふれる頭脳派ストーリー。頭を使って勝つ系の話が好きなら超おすすめ!
あとキャラがサクッと死んだりするのでドキドキ感がヤバイ。

誉められて神軍

評価

一夜にしてゴブリン、オーク、魔人らが跋扈するファンタジー世界に変貌した日本。軍事国家・新宿市国の御神楽零少尉は、謎の少女・火倶夜によりある力を手にする。それは《誉めて伸ばす能力》。万物に対し有効なこの力で、零は姫鞠、千歳ら麾下の騎士や魔導師達(ほぼ女子)と共に、“元の日本を取り戻す”ための苛烈かつ孤独(ときどきダダ甘)な戦いを開始する。竹井10日が挑む本格にして独創的ファンタジー戦記登場!『Amazon』より引用

設定がぶっ飛んでてわかりやすい。褒めて伸ばす能力はチートだし、ドラゴンが住み着く群馬、エルフがいる茨城、埼玉にはドワーフなど、頭を空っぽにして読むラノベ。

アルスラーン戦記

評価

大陸公路の中心で栄華を極めた国家、パルス王国。心優しき王太子アルスラーンは、武勇に優れた父・国王アンドラゴラス三世からは疎まれ、美貌の母・王妃タハミーネからは無関心に扱われつつも、臣下である大将軍ヴァフリーズ、万騎長キシュワード、ダリューンとは親交を持ち得ていた。
14歳になったアルスラーンは、侵攻してきたルシタニアとの戦争で初陣に臨む。しかし無敗を誇っていたパルス軍は、不可解な霧の発生やパルス万騎長カーラーンの裏切りに遭って総崩れし、多くの万騎長が戦死。九死に一生を得たアルスラーンは最強の武将ダリューンと共に落ち延び、政戦両略に長ける知略家ナルサスとその侍童エラムを仲間に加える。『ウィキペディア』より引用

戦記ファンタジーモノを語る上で絶対に外せないのがコレ。
国を追われた優しい王子が国を取り戻していくストーリー。ただ国を取り戻すのではなく、宗教や奴隷制などの問題を解決しようとしながら奮闘する。

とある飛空士への追憶

評価

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。
次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?
…圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!
蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。『ウィキペディア』より引用

「とある飛空士」シリーズ。戦争モノなんだけど恋愛ドラマの側面もある。
身分の違いから叶わない切ない恋の物語。結末は好き嫌い分かれるけど、僕的には納得できた。

経済系ファンタジー

お金とか経済が主役のファンタジーをまとめました。

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙

評価

『狼と香辛料』、ついに新シリーズ開幕!
ホロとロレンスの娘ミューリの旅の物語。

聖職者になる夢を志す青年コルは、恩人のロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』を旅立つ。ウィンフィール王国の王子に誘われ、教会の不正を正す手伝いをするのだ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を有した美しい娘ミューリが潜んでおり――?
かつて賢狼ホロと行商人ロレンスの旅路に付き添った放浪少年コルは青年となり、二人の娘ミューリと兄妹のように暮らしていた。そしてコルの旅立ちを知ったお転婆なミューリは、こっそり荷物に紛れ込んで家出を企てたのだ。
『狼』と『羊皮紙』。いつの日にか世界を変える、二人の旅が幕を開ける! 『Amazon』より引用

狼と香辛料の新シリーズ。前作ラノベを読んでない人は読むか、アニメを見ることをおすすめする。
頭を使った取引の面白さを引きついでいて、狼と香辛料ファンには必見のラノベ。
こちら記事もおすすめです。