【ネタバレなし】FateHFⅠ映画感想「期待を余裕で超える面白さ」

FateHFの感想をネタバレ無しで書いていきます

エゴスケ

テレビのCMを見た瞬間に「神アニメの匂いがプンプンする」と思っていたのですが、映画を見たあとは

「神アニメだぁぁぁぁぁぁ」

となっていました。

あのFateシリーズですよ。ただ面白かったくらいでは許されないんですよ(※個人の感想です)

FateHFに対するハードルは天を突き抜けるくらい高く、それはもう高くなっていました。

それを超えてくるから「FateHFまじヤヴァイ

映画の時系列

FateHFの時系列はだいたいこんな感じ

Fate(セイバールート)

UBW(凛ルート)

HF(桜ルート)

Twitterでわかりやすく説明されていた方が居たので載せておきます。

Fateシリーズを知らない初見の状態だとまったく楽しめません。

DVDをレンタルするか、動画配信サービスで過去作品を視聴してから映画を見るようにしてください。

劇場版FateHFの感想


結論からまとめると

  • 背景の情報量が多くてヤバい
  • バトルシーンの迫力がヤバい
  • 桜が可愛くてヤバい

FateHF制作陣が舞台挨拶で言っていたことですが、背景の書き込みがハンパない

映画のPVから背景が10回以上もバージョンアップしているそうです。

また、映画の舞台である冬木市の街並みもめちゃくちゃキレイでした。

バトルシーンはアニメ以上の迫力でヌルヌル動き目が離せない。

でも、僕が1番言いたいのは「桜が可愛い」ってことなんだ!

セイバールート、凛ルートとは違う雰囲気

全体的になんか暗い雰囲気が漂ってる。

劇中の雰囲気とAimerが歌う主題歌の「花の唄」がよく合っています。

個人的にはバトルシーンより桜との会話シーンが印象的でした。

バトルシーンとは違う会話シーンのゆっくり時が流れる感じのギャップがとても大きい

テレビCMで流れる「もしわたしが悪い人になったら許せませんか?」のシーンがまさにそれ!

士郎と桜の関係にスポットを当ててTVアニメ部分にある共通ルート部分はバッサリ省いてありました。

人によっては「展開が早すぎる」と言われる部分ですが、僕は「FateSN、UBWで2回も見たから要らない」と思う。

ここが初見さんお断りになっている理由です。Fateシリーズ知らないと評価は星ひとつもつかないんじゃないかな(笑)

と、まあこんな感じ。続きは2018年公開なのでとても楽しみです。

この作品の評価
ストーリー
(4.5)
映像
(5.0)
演出
(4.5)
音楽
(4.0)
総合評価
(4.5)