平凡大学生の貯金と散財と趣味ブログ

たこ焼き屋のバイトは女性にはキツイ?JKでも楽しみながら働けた体験談

高校生の時にたこ焼き屋さんでアルバイトをしていた武田さん(女性)からの寄稿です。

エゴスケ

アルバイト情報誌に載っていた近所のたこ焼き屋さん。
オープンして間もないとのことで、交通費もいらないし、通勤時間も数分だったので面接にいきました。
即採用が決まり、そのまま高校を卒業するまでずっと働かせてもらいました。

仕事内容

  • 時給:830円(当時そのくらいだったと思います)
  • 働いた期間:1年半くらい
  • 店名:じゃんぼ総本店

お好み焼き・焼きそば・たこ焼き・・・いわゆる「粉モン」
すべて販売&調理し、お客様に提供します。飲食店でありますが、基本がテイクアウトの店舗なので接客力も身につきます。
仕事ができる人は時給がプラスされるので、働いていた当時から出来れば出来る分やりがいのあるシステムが構築されていました。

メリット・良かったところ

まかない有りです。食費が一食分でも浮くのはありがたかったです。
学生・主婦・フランチャイズで出店したい、将来を夢見ている人という様々な人に出会えた、というのは当時学生身分としてはなかなかない経験でした。
ちょうど店舗も増やしている最中で他店が新規オープンする時期と重なっていて、他店応援にいくこともしばしば。
同じエリアでも地域が違えば、人も少しずつ違うので、接客面でも面白かったです。
お客様が注文だけして、「あとで取りに来るね~」といったときはお顔と注文内容を覚えておくことも必要だったので、記憶力は普段使ってなくても鍛えられました。

デメリット・キツイところ

当たり前ですが、暑い。半端なく暑いんです。
どこの店舗もスタッフが暑くならないようにスポットクーラーがありますが、それでも鉄板の熱は容赦ありません。
あと鉄板に油を敷きます。家庭とは違う、フル回転で使った鉄板なので時に跳ね返ってくると軽く火傷することも。
大したことはありませんし、どこの鉄板系飲食だとそうだとは思いますが気になる人には不向きです。
あとニオイ。油のニオイが衣服にも染み込むので、バイトのあとにそのままデートには行けませんでした。
着替えをバックに置いておいても、ふんわり油のニオイが・・・(笑)
たこ焼きに関しては、腱鞘炎になる人も一定数いますし、ここでは書き尽くせないことを含めて、飲食業・接客業を好きでないと出来ない仕事だと思います。

どんな人におすすめか?逆におすすめできない人も

体力勝負なところがあるので、体力に自信がない人・基本的に体育会系が苦手な人は辞めたほうがいいです。
逆に体力に自信があって、機転がきく・記憶力に自信がある!と言った人はぜひ働いてください。
明るく元気なキャラクターのひとはすごく歓迎されていました。
人懐っこいひとはお客様からも好かれやすいので、自分のプラスポイントをアップできると思います。
あとはフランチャイズで出店したい人。どの種のお店でも一から出店することは大変です。
でもベースとしてノウハウがあり、サポートもあるというのは強味なんじゃないかな?と学生ながらに感じました。
バイト探しは『アルバイトEX』がおすすめです。

アルバイトEXから応募すると採用されるだけで3万円のお祝い金が貰えます。

「アルバイトEX」の画面。人が写っているのでボカしてます。

大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社をまとめて一括検索できるので、バイト探しが一気に楽になります。

こんなに楽なサイト使わなきゃもったいない!

お祝い金貰ってバイトで稼いでハッピーな学生生活をエンジョイしてください。

おすすめのアルバイトをまとめました!