ローソンのバイト経験者が語るメリット・デメリット【コンビニ】

コンビニのアルバイトについて書きました!

エゴスケ

案外大変なコンビニバイト

コンビニのバイトと言えばある意味学生バイトの定番、きっと楽なんだろう。そう思っていた時期が僕にもありました。

しかし実際には全然楽ではなかったです。

最初に入ったときに研修でオーナー自作の30ページ近いレジのマニュアルを渡されたときには、マジかよと思いました。お客さんが少ない深夜ならそれでも結構ゆっくりできるんじゃないか、そう思っていたのですが深夜にはたくさんの入荷トラックが来るので検品や品出、店内の掃除で案外ゆっくりする余裕はありません。

 そもそも、コンビニでの支払い方法だけでも現金だけでなく、ポイント支払、クレジットカード、金券、SUICA等ありますし、それに加えて通販の受け渡し、宅配便の受付、ホットスナックの準備等かなり多くのことがあります。覚えることはかなり多かったです。

メリット「コンビニバイトの経験は一つのスキル」

 僕が働いたのはローソンだったのですが、業務は他のコンビニチェーンでもそれほど違いがないため、一度きちんとコンビニの業務に慣れれば日本全国どこでも比較的簡単にアルバイトが見つけられるようになりますし、スーパー等のレジはコンビニと比べれば単純なのでレジ打ち全般の業務や接客など幅広いアルバイトに応用が聞きます。

また、店舗によっては廃棄を格安でバイトに販売したり、無料で渡している所もあります。僕の働いていた店舗では半額で売っていました

デメリット「時給に対して業務が複雑すぎる」

 僕が働いていた時の時給は920円+深夜手当80円というものだったのですが、正直に言ってこれは安すぎると感じました

もちろん慣れている人にとってはさほどでもないのでしょうが、入って業務に慣れるまで3ヶ月位かかるほどには複雑なのでもう少し時給が良くていいと僕は思います。都心部の方ならもう少し高いのでしょうけど。

 それから同僚と話していて感じたのはオーナーの性格ややり方次第でかなりバイトへの扱いが異なることです。時給もそうですし、研修体制、廃棄の処分方法、アルバイトの数、残業代、制服のクリーニング代などです。僕のいたところは全体的には良い方だと思いますが人員が慢性的に足りていなかったので余計に忙しかったのだと思います。

一か所に腰を落ち着けて長期間続けられる人におすすめ

 以上のようなコンビニバイトの特徴は長期間コンビニで働くことを覚悟していけば比較的簡単に馴染めると思います。

業務が多いので覚えることが最初に多いのですが、一度覚えてしまえば後は新しい業務が増える度にアップデートしていけばいいですし、何かあって引っ越しなどする必要があってもすぐに別の場所でコンビニバイトの仕事を見つけることができます。

ボクは半年だったのですが、もう半年続ければ業務が楽に感じられたかもしれません。コンビニで働くことで接客業やレジ打ちのスキルを磨くと考えれば接客関連のアルバイト全体に応用が効く一つのスキルを磨く場所としてはとても有効だと思います。

バイト探しは『アルバイトEX』がおすすめです。

アルバイトEXから応募すると採用されるだけで3万円のお祝い金が貰えます。

「アルバイトEX」の画面。人が写っているのでボカしてます。

大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社をまとめて一括検索できるので、バイト探しが一気に楽になります。

こんなに楽なサイト使わなきゃもったいない!

お祝い金貰ってバイトで稼いでハッピーな学生生活をエンジョイしてください。

おすすめのアルバイトをまとめました!